シグナルゾーン評価

15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省銀行局や証券局等金融部局の所掌する事務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分を区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局のひとつとして金融監督庁というこれまでになかった組織を設けたということ。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行の経営が破綻してしまったのである。この破綻によって、はじめてペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、全預金者のなかで3%程度とはいえ数千人が、上限額の適用対象になったと推測されている。
今後も、日本国内で活動中の銀行などの金融機関は、既に国際的な規制等の強化までも見据えた上で、財務体質等の一層の強化だけにとどまらず合併・統合等を含めた組織の再編成などに精力的な取り組みが行われています。
"東京証券取引所(兜町2番1号
普段使っているバンクはあまり知られていないけれどイタリア語のbancoに由来である。ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行には驚かされる。今から約600年前に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立され、政治にも深くかかわっていたたサン・ジョルジョ銀行とされている。
1995年に公布された保険業法の規定により、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社あるいは損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、いずれの会社も内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けた者でないと設立できないのである。
覚えておこう、ペイオフについて。不幸にもおきた金融機関の経営破綻が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護しなければならない個人や法人等、預金者の預金債権(預金保険法の用語)に、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を言います。
そのとおり「失われた10年」という語は、一つの国とか地域における経済活動がおよそ10年以上の長きに及ぶ不況と経済停滞に襲われていた時代のことをいう語である。
日本証券業協会(Japan Securities Dealers Association)、ここでは協会員の有価証券などの売買等の際の取引等を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の堅実なますますの成長を図り、出資者を保護することを目的としているのです。
つまりデリバティブの内容⇒従来からのオーソドックスな金融取引に加えて実物商品さらに債権取引の相場変動で発生した危険性をかわすために販売された金融商品全体の名称であり、金融派生商品とも呼ばれる。
【用語】外貨両替とは、例えば海外へ旅行にいくとき、その他手元に外貨を置かなければならない人が利用する。ここ数年、円に対して不安を感じているのか、現金で外貨を保有する動きもある。手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
有名な言葉「銀行の経営なんてものは信用によって順調に進む、もしくはそこに融資するほど価値があるとは言えない銀行だと評価されて失敗するか、どちらかだ」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で主に運用される投資信託のことである。取得して後30日未満に解約したい場合、その手数料にはペナルティ分も必要となるということである。
このように「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」、これら3つの機能をセットで銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資(貸付)」「為替」の基本業務あわせて銀行そのものの信用によってはじめて実現されているといえる。
一般的にバブル経済(日本では昭和61年からが有名)ってどういうこと?不動産、株式などの時価資産の市場価格が過剰な投機によって実際の経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、最後は投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態である。
"